車査定と下取りはどっちが得?

車査定と下取りはどっちが得?

車下取り車査定

車査定と下取りを天秤にかけた時、下取りの方がお得だろうと思っている方もいられるでしょう。確かに、下取りにすると目当ての車を愛車を使い値引きしてもらう事が可能ですし、買取手続きと購入手続きを分けることなく一度で行うことができるので簡単です。

 

車の下取りの場合だと新車購入の際に、まとめて手続きができるので、何となく車を売却する際には下取りを選択する人も多いのではないでしょうか。確かに下取りの方が面倒が無くていいという人もいますが、金額的にはどうなのでしょうか。

 

ちなみに下取りと車査定による売却の違いはご存知でしょうか。

 

車の下取り

車の下取りは新車や中古車を購入する際に、今ある車を売却して新車購入分にその代金充当してその分安く購入するという方法です。

 

車売却

車売却はその名前の通り車売却業者に車を査定してもらって、売却代金を受け取るというものです。

 

こうして見るとそこまで大きな違いはなく、どちらも車を手放して利益が得ることに違いはないのですが、金額を重視するなら車売却を選択した方がいいと思います。

車売却の方が下取りよりも得!

車売却の方が得

上記のように車売却と下取りにはそこまで大きな違いはないですが、実際に利用すると車売却の方が金額的にはお得です。

 

車下取りは車を新たに購入する業者でしか行うことができないですが、車売却の場合だと複数の業者と比較して、一番高く買取ってくれる業者を選ぶことができるので、売却額はどうしても車売却の方が高くなります。

 

そのため私は車を手放す際には下取りには出さないで、車買取り業者を複数呼んで査定してもらって売却するようにしています。そうすることによって数十万円くらい得することも多いので、かなりお得だと思います。

 

とは言っても新車を購入する際の手間が惜しいと考えているなら下取りを選択するのもいいと思います。

 

手間を考えるなら下取りで、売却額を重視するなら車査定を利用するのがベストだと思います。

 

車売却を行うなら車査定シミュレーションを行おう!

 

車査定シミュレーションの高額買取り業者を絞り込むならトップページから