車一括査定シミュレーションで電話営業回避の方法

車一括査定シミュレーションの唯一のデメリットは電話営業

車一括査定シミュレーションの唯一のデメリットは電話営業画像

車一括査定シミュレーションは車売却の相場金額が簡単にわかるので非常に便利ですがデメリットも存在します。

 

車一括査定シミュレーションによって自分の車の金額をある程度調べられるのはもちろんですが、どこの車買取り業者が一番高額で自分の買取ってくれるのか知る事ができるので、車売却の際には必須のサービスと言えます。

 

そんな車一括査定シミュレーションの唯一のデメリットは、利用すると営業電話が来るということです。

 

やはり無料でこれだけいいサービスが利用することができるので、多少のデメリットは仕方のない部分だと思います。

 

こちらにメリットしかないようなサービスだとサービスの質を保つのは難しいですからね。

 

とは言ってもこういった車一括査定シミュレーションでの営業電話については断り方がある程度決まっているのでそこまで苦労はしないです。

 

車一括査定シミュレーションでの電話の断り方は下記を参考にしてください。

 

車一括査定シミュレーションの営業電話の断り文言

 

・新車購入をやめて現在の車に乗ることを決めた。
・知人や親戚に今の車を譲ることが決まった。
・他の車買取り会社に売却してしまった。

 

こんな感じで車を売却できない理由を語るようにすると普通に営業電話はスムーズに断れます。

 

他にも営業電話自体を抑える方法もあります。

車一括査定シミュレーションの営業電話を抑えるには?

車一括査定シミュレーションの営業電話を抑える画像

車一括査定シミュレーションで営業電話を断る方法は上記のように簡単に理由を説明すればいいのでそこまで難しいものではないですが、電話そのものが面倒という人も少なくないと思います。

 

そういった場合にはメールで査定ができるような「カーセンサー」を利用するのも一つの方法で、他にも電話番号を偽るなどの方法があったります。

 

とは言ってもウソを言うのは嫌だという人もいると思うので、そういった場合にどうやって営業電話を抑えるのか解説したいと思います。

 

営業電話を止めるのは簡単で、車一括査定シミュレーションを行ったサービスにキャンセル申込みすれば普通に営業電話を止めることは可能です。

 

実際に車一括査定シミュレーションにはキャンセル申込みの窓口があるので、営業電話に困っているなら利用してみるといいと思います。

 

 

「カーセンサー」はメールでの査定が可能なのでキャンセル窓口はないようですね。

 

ただすべての車一括査定シミュレーションにキャンセル窓口があるわけではないので注意が必要です。

 

実際に楽天オートカービューなどはないようなので注意が必要です。

 

ただ当サイトではこういったキャンセル窓口やメールで査定が可能なサービスを載せているので利用を検討してはどうでしょうか。